【必見】プレゼン力を向上させる押さえるべき3つのポイント

メインイメージ

【必見】プレゼン力を向上させる押さえるべき3つのポイント

記事更新日

【必見】プレゼン力を向上させる押さえるべき3つのポイント

ビジネスシーンで、 プレゼンテーションを行う機会が増加してきている今日、 自分でプレゼンスライドを「作成」し、「発表」する… 皆さんの声を聴いていると、 どちらにも自信を持っているという人はそうは多くはないようです。 今回は「とはいえプレゼンテーション力を総合的に向上させたい!」と 思われている方に抑えておくべきポイントを3つの項目に分けてご紹介します。 プレゼン戦略・活用コンサルティングはプレゼンテイメントにお任せください。

目次

プレゼン力をアップさせる3つの項目
スピーチ × 構成力 × 表現力

ポイント①|スピーチ力
ポイント②|構成力
ポイント③|表現力

ポイント①|スピーチ力

スピーチなくしてプレゼンテーションは成り立ちません。
しかし、スピーチが苦手だという人も多いのではないでしょうか。
今からお伝えする簡単な3つの注意点に気を付けてスピーチをしてみてください。
練習は必要ですが、飛躍的にプレゼン力の向上を体感できると思いますよ。

1.伝えることができる量の把握

決められたプレゼン時間の中で、話せる量(平仮名に換算した文字量)は決まっています。
その総量を把握し、原稿化することで「時間内にぴったり収まる原稿量」となりますので、
あとは総数の中で文字・キーワード等を見直していきましょう。
 

2.ドッグワードの排除(間の創出)

ドッグワードという言葉は聞いたことはありますか?
例えば、「えー○○が、あのー○○のため、そのー○○です。」というように
人前で話すときに無意識に出てしまう
「えー」や「その」、「えっと…」等の言葉のことを言います。
ドックワードが多い方のスピーチを聞いたとき、
「内容が頭に入ってこない!」「なんかイラっとする・・・」
という思いをした経験はありませんか?
ドックワードをなくすだけで、とても聞きやすいスピーチへと変化します。
ドッグワードを排除できる方法は・・・「我慢」しかありません。
しかし、我慢することで「間が生まれ、プレゼンターの次の言葉を聴衆が待っている」
良い状態が生まれます。 「間」を怖がっているのは自分だけなのかもしれませんね。

3.視線のコントロール

皆さんはスピーチをする際、どこに視線を向けていますか?
原稿を読みながら話していたり、俯いていたりしませんか?

人は目線が合うから、「私に話しかけているんだ」と頭で認識します。
多くの人数がいる会場でも、それは変わりません。

もし、聴衆の視線が気になり、緊張して話せなくなるという人は
会場の四隅を見ていても構いません。
ゆっくり、会場を見渡し「私はみなさんに話しかけています」という
雰囲気を、意思をちゃんと伝えてくださいね。
 

スピーチが上手な人は聴衆を見て話をしています。
スピーチをするうえで気を付けるべき3つの注意点についてお伝えしましたが、
これらを注意する前に、まずは自分がどのように人前で話しているかを知る必要があります。

それを知る1番簡単な方法は自分が話している姿を客観的に知ることです。
例えば、スマートフォンなどで自分の話す姿を撮影してみてください。
そうすることで自分が話している総量、ドックワード、視線の全てを知ることができ、
改善点が見つかるかもしれません。

ポイント②|構成力

2点目は、プレゼンスライドの制作についてです。
日本人はよくスライドに書いてあることを元にスピーチをしていますが、
本当はその反対で、「スライドはスピーチの補足」です。
そのように考えるとスライドに文字「量」はそれほど必要ないことが分かります。
そのようなスライドを作成するコツは…

1.読みシナリオを書く

いざ自分がプレゼンをするとなると、あれもこれもと伝えたいことが多くなり
想像以上に内容が多くなってしまうことがあると思います。
その場合、時間内に「話せる量・聞ける量」で調整してみてください。

具体的に「話せる量・聞ける量」とは、1秒約7文字。
これはテレビのアナウンサーが実際に話している速さに近いものです。
これ以上のスピードで話すと、聞ける量をオーバーしてしまいます。

1秒約7文字を単純計算すると、1分約420文字となりますね。

しかし実際は句読点など、より「間」を入れながら、
聞きやすいスピード感で話しますので、
結果、約250文字~300文字が心地良い文字数となりそうです。

ちなみにプレゼン時間に最適なスライド数は
内容にもよりますが、1スライド1分程度が目安と考えてください。
「プレゼン時間が20分なのに、40スライドもある・・・」のは
明らかに時間と量が合っていないことになりますね。


2.文章の繋ぎ目、ページ間の「接続詞」にこだわる

連続するスライドを読み進めるとき重要なのが、
「さらに」「そして」「しかし」等の
「接続詞」を使うと、
次にどんな内容が来るのか、「あらかじめ話の流れを脳が理解できている状態」で
と聴衆を惹きつけることができます。

「つまり・・・」というと
ほとんどの聴衆は「結果なんだな・・・」と思いながら聞いてくれるということです。
 

 

ポイント③|表現力

構成までできれば、あとは表現するだけです。
ここで大事なポイントは以前のコラムでも紹介した内容です。

 

●スライド内の文字は「見てわかる」文字数で

●誰もが読みやすいフォントでの作成

●シンプルなアニメーションでより伝わりやすく


プレゼン力を向上させる押さえておくべき3つポイントをお伝えしましたがいかがでしたでしょうか?

全ての項目において、特別難しいことや
特定の人にしかできないようなことは何もないと感じています。

少し意識を変えるだけで、今よりもさらに良いプレゼンテーションになるでしょう。

皆さんも是非、実践してみてください。

 

プレゼン戦略・活用コンサルティングは私たちプレゼンテイメントにお任せください。
サービス資料のDLはこちらから